ネムの取引

▼ 目次

ネムについて

ネムは、将来性高い仮想通貨として大きな注目を浴びています。
しかし流出事件を受けて、ネムに悪いイメージがついてしまったのも紛れもない事実です。
しかし話題になっているとはいえ、ネムが具体的にどういう通貨かについてはよく知らないという方も多いでしょう。
そこで、ネムとはどういう仮想通貨なのか取り上げます。

ネムが一躍有名になったのは、流出事件がきっかけでした。
2018年1月に国内の取引所から、ネムがほぼ全額流出してしまいました。
金額にしておよそ580億円と、とてつもない金額です。
仮想通貨流出事件は以前にも起きてはいたものの、流出金額の大きさはかなりのものです。
被害者も数多く、中には有名芸能人も含まれています。

しかし流出事件そのものは、本来であれば防げたはずのものでした。
指摘されたのは、取引所のセキュリティの甘さです。
大袈裟に言ってしまえば、誰でも簡単に盗める状況にあったのです。
取引所を運営していた会社は利益を優先するあまり、肝心のセキュリティを無視していた形となります。
「技術的に難しかった」と弁明しているものの、セキュリティに関してはそこまで難しいものではありません。
流出事件を受けて取引所側は補償するとは言うものの、具体的な補償方法は明らかになっていません。
取引所を利用していた人は、預けていたお金が全て消えてしまったのです。
当然納得する筈がなく、現在は運営会社を相手取り訴訟する構えを見せています。

ネムが大量に流出してしまったとなると、「ネムは危険な仮想通貨」と考えるのも無理はありません。
しかしネムは世界的にも、安全性が高い仮想通貨であると証明されています。
中国のサイバー団体は、仮想通貨を9つの項目に分けて安全性について厳しく調査しました。
仮想通貨の中でもトップクラスを誇っている種類に対して、非常に厳しいジャッジを下しています。
その中でもネムに関しては、安全性が高いと判断されました。

マルチシングについて

ネムには、「マルチシング」という機能が最初から搭載されています。
マルチシングは複数の鍵のことで、1つでも欠けるとネムを引き出すことはできません。
ちなみに取引所の多くは、「2/3」となっています。
つまり3つある鍵の内2つ揃えば、ネムが引き出せるという訳です。
仮に1つの鍵が盗まれてしまったとしても、他の鍵が無事ならば問題ありません。
ネムを引き出すには、2つ以上の鍵を同時に盗み出す必要があります。
しかしどんなに凄腕ハッカーでも、同時に2つの鍵を盗み出すことは不可能です。
つまり流出事件は取引所の怠慢によるもので、ネムそのものには何の罪もありません。

ではネムは、どう取引をすれば良いのでしょうか。
ネムだけに限った話ではありませんが、仮想通貨の取引は安い値段で購入し高い値段で売るのが鉄則です。
例えば、ネムを30円で購入したとします。
その後ネムの価格が上昇して50円で売れば、20円分が利益になります。
しかし50円で売れるかどうかは、50円で買ってくれる人がいればの話です。
ネムを購入しようとしている人は、1円でも安く購入しようと動きます。
だから高い値段で売りに出したからとはいえ、買ってくれる人がいるとは限りません。
ネムを売る側としても、少しでも高く売ろうと動きます。
ものすごい大暴落が起きているのならば、「叩き売り」という形で売りに出されることもあるでしょう。
でも余程のことが無い限りは、ネムを安売りしようという人は出てきません。

ではネムの高値・安値を見極めるには、どうすれば良いのでしょうか。
ヒントとなりそうなのが、チャートです。
チャートにはありとあらゆる情報が詰め込まれているので、きっちりと読み解くことができれば高値・安値を見極めることが可能となります。

ネムの取引をスムーズに進めるには、取引所選びも重要です。
先程紹介したようなセキュリティがガバガバになっている取引所を利用してしまうと、資産を奪われてしまいかねません。
1番は知名度の高い取引所を選ぶことですが、流出事件を引き起こした取引所が国内大手の取引所だったことを考えると、賢明とは言えない選び方です。
ネム(XEM)購入におすすめな取引所

ではどういう点に注意して、選べば良いのでしょうか。
おさえておきたいのは、金融庁での登録です。
金融庁に登録された取引所は、国から「この取引所は安心できます」というお墨付きがあります。
もちろん登録されているからとは言え、完全に安心できる訳ではありません。
でも取引所を選ぶ基準としては、最高の材料にはなります。

さいごに

ネムだけでなく仮想通貨の取引には、リスクがつきまといます。
2017年は「金のなる木」として、仮想通貨は大変な話題になりました。
しかし今はブームも落ち着いており、「金のなる木」だったのは今は昔の話です。
仮想通貨に「絶対」という言葉は、存在しません。
仮想通貨で大きな損害が出ることも、十分に考えられます。
万が一のためにもしっかりと仮想通貨について勉強し、自身の資産をしっかり守るように務めて下さい。