ネムは本当に安全かどうか?

流出事件により、ネムの安全性を疑問視する声が出ています。
580億円近くも盗まれたとあっては、ネムの安全性を疑いたくなるのも当然でしょう。
しかし専門家からは、「ネムは世界で最も安全な仮想通貨」という声も出ています。
果たしてネムは本当に安全なのかどうか、検証してみましょう。

ネムのセキュリティを語る上で鍵になるのが、マルチシング(マルチシグネチャー)です。
ネムにはマルチシングがプロトコルに組み込まれており、最も安全な仮想通貨です。
仮想通貨を他へ送金するには、複数の鍵が必要になります。
万が一鍵の1つがハッカーの手に渡ったとしても、他の鍵がなければ仮想通貨を送金することは不可能です。
どんな凄腕ハッカーでも、同時に2つ以上の鍵穴をあけて金庫に侵入するのは不可能です。

ネムの流出事件を引き起こした取引所は、マルチシングが後回しになっていました。
後回しになっていた原因は、「技術的な難しさ」と「人材不足」です。
しかし仮に人材不足だとしても、ネムは技術的に難しいものではありません。
そもそもネムは、インターネット開発者ならば誰でも簡単に使える簡単なプログラムで、できています。
「技術的な難しさ」を言い訳にするには、些か無理があります。
人材不足については、ネムがどうではなく会社体制の話です。
問題を起こした取引所は「対応している」とは言うものの、具体的にどう対応しているかは不透明です。

ただネムそのものは、事件を受けて盗まれたネムが保管されているウォレットを特定し追跡していると発表しました。
ウォレットが特定できたのならば、流出事件を引き起こした犯人の素性もおのずと分かるでしょう。
事件を起こした取引所に関しては呆れるばかりですが、ネムの対応力には「驚き」の一言です。
専門家達がこぞって、「ネムは世界で最も安全な仮想通貨」と太鼓判を押すのも当然と言えるでしょう。

さらに中国のネットワーク技術団体でも、ネムは非常に安全な仮想通貨であると評価されました。
仮想通貨の安全性を9つの項目に分けて評価した所も、最もリスクが低かった仮想通貨こそがネムでした。

しかし「世界で安全な通貨」であっても、金庫に入れず外に放置すれば盗まれてしまいます。
事件を起こした取引所は、正に外に放置したままの状態で管理していたのです。
ネムが安全であっても、油断は禁物です。
取引所に預けたままにするのではなく、ウォレットに移し替えるなどをして自身でも管理するようにして下さい。