噂の仮想通貨ネムとは?

ネムは仮想通貨の一種で、時価総額は約3200億円となっています。
ちなみに仮想通貨のトップを走るビットコインの時価総額は、約20兆円となっています。
価格はビットコインに遠くは及ばないものの、密かに注目されています。
ではネムとはどういう仮想通貨なのか、取り上げてみました。

ネムとは仮想通貨ではなく、「New Economy Movement」の略です。
「New Economy Movement」を訳すと、「新しい経済運動」になります。
運動に使われている仮想通貨こそが、XEM(ゼム)です。
しかし今では、運動の名前がそのまま「ネム」として浸透しています。
ちなみに「新しい経済運動」とは、ネムが使える経済圏を世界に作り出そうと働きかける運動のことです。
運動の成果は100%とは言えないものの、着実に形として現れています。
実際にネムが使える店やショッピングサイトは、少しずつですが増えてきています。
ビットコインと比べると利便性も高く、色んな使い方ができる仮想通貨となっています。

しかし実際に仮想通貨を始めるとなると、大きな壁が立ちはだかります。
仮想通貨にまつわるニュースはネガティブなものが多く、特にネムに関して言えばネガティブなニュースが話題になりました。
また「仮想通貨は数千円で始められる」とは言え、利益を上げるのならば数十万・数百万円単位のお金は必要です。
仮想通貨を初めて利用する人にとって、数十万・数百万円単位のお金は簡単に用意できる金額ではありません。

少ないお金で利益を上げるには、値段が高くない仮想通貨を選ぶのが1番です。
探せば1円にも満たない仮想通貨は、沢山あります。
仮想通貨の種類は数千近くもあり、将来的に大化けする通貨もあるでしょう。
しかし1円にも満たない安い仮想通貨のほとんどは、いわゆる”詐欺コイン”と呼ばれるものです。
しかもマイナーな仮想通貨ともなれば、国内の取引所では取り扱っていません。

安く仮想通貨の取引を始めるには、メジャーコインであり国内の取引所で扱っていることが絶対条件となります。
これらの条件にピッタリ当てはまる仮想通貨が、ネムです。
ただ2018年3月時点において、”どこの”取引所でも扱っているとは断言できないのが正直な所です。
中には大手取引所であっても、ネムの取扱いがない所もあります。
しかし今は取り扱っている所は少ないものの、将来的にはどこの取引所でも扱われるようになるかもしれません。