ネムに襲いかかったとんでもないトラブル

2018年1月26日、仮想通貨に衝撃的なニュースが飛び込んできました。
国内の取引所からネムがほぼ全額流出したのです。
被害総額はおよそ580億円と、とんでもない金額です。
仮想通貨が大ブームとなっていた最中に起きたトラブルは、たちまち大きなニュースとなりました。

ネムをほぼ全額流出してしまった取引所は、国内トップクラスを誇る大手取引所でした。
代表者は20代で会社を立ち上げ、瞬く間に成長。
成長の糧になった仮想通貨こそが、ネムを含むアルトコインでした。
芸能人起用のTVCMを流すなど、勢いが止まる気配はありません。
取引所の使い勝手は国内随一で、利用者は右肩上がりに増えていきました。

しかし派手な活躍とは裏腹に、肝心のセキュリティはガバガバ状態だったのです。
万が一流出事件が起きたとしても、コールドウォレット(オフライン上にある仮想通貨を保管する財布のこと)である程度防ぐことはできます。
でも問題になった取引所は、コールドウォレットの管理が不十分でした。
そこをハッカーつけこまれてしまい、ネムがほぼ全額流出という取り返しのつかないトラブルを招いてしまったのです。

つまりネム流出事件は、本来ならば防げたはずの事件でした。
コールドウォレットで管理ができていなかったこと、そしてマルチシングコントラクトを採用していなかったことも大きいでしょう。
マルチシングコントラクトを一言で説明するのならば、金庫につけられている複数の鍵を指します。
鍵が1つしかない金庫では簡単に開けられてしまいますが、鍵が複数あると簡単に開くことはできません。
でも問題になった取引所の場合、ネムを入れていた金庫の鍵は1つしかありませんでした。
そのためにハッカーに狙われてしまい、多額の流出事件を招いてしまったという訳です。

ちなみに、ネム自身のセキュリティは強固なものとなっています。
違法なアクセスで手に入れないように、頑丈な盾を常に立てています。
勝手に盗み出そうと思っても、簡単に盗めるものではありません。
でもネム流出事件では、盾ごと盗まれてしまった形となります。

ネムには何の罪もありません。
悪いのは、ネムを管理していた取引所の慢心にあります。
被害に遭った分に関しては補償すると報道されているものの、果たしてどこまで補償してくれるのか…。
また他の取引所に関しては、セキュリティはかなりしっかりしています。
コールドウォレットの管理も徹底しているので、万が一ハッカーに狙われたとしても被害が大きくなることはないでしょう。