ネムの取引制限

国内最大大手の取引所から、ネムが大量に流出した事件が起こりました。
流出事件を受けて取引所は、仮想通貨の取引制限をかけました。
事件の大きさを考えれば、当然のことと言えるでしょう。
しかし問題になった取引所を利用していた人にとっては、たまったものではありません。
今後取引所は、どう対応するつもりなのでしょうか。

問題になった取引所は、ネムの保有者に対して補償すると発表しました。
しかし失った金額全額を保証するのではなく、ネムの価格に沿った形となります。
ネムの価格は流出事件を受けて、大きく下がってしまいました。
つまり流出事件前の価格分は、保証されないということになります。
また補償時期については、未定となっています。
いつ何処でどういう形で保証されるかについては、ハッキリとしていません。

さらに補償方法がハッキリとしていない中、取引制限が解除されました。
日本円での出金が可能となり、取引もできるようになっています。
ただ新規登録などについては、2018年3月時点において再開されていません。
もし新規登録が再開されたとしても、利用は控えた方が賢明と言えるでしょう。

では取引制限が完全に解除されるのは、いつ頃になるのでしょうか。
正直な所、「全く分からない」としか答えようがありません。
今回の事件は、国も動く事態にまで発展したのです。
しかも取引所を相手に、裁判沙汰にまで発展しています。
取引所側は「きっちり補償する」とは言うものの、納得するはずがありません。
そもそも流出事件は管理をしっかりしていれば、防げたはずの事件です。
利用者側に問題があったのならばまだしも、今回の事件は明らかに取引所が招いたことです。
そのため利用者達は取引所を運営していた会社に対して、訴訟を起こすことになりました。
訴訟に踏み切った利用者は、100人以上にも及びます。
取引制限が解除されるのは、早く見積もっても裁判に決着がついた後でしょう。
では裁判がいつ終わるかについては、全くもって分かりません。
100人以上から訴えが出ている以上、年単位は見ておいた方が良いでしょう。

ちなみに問題になった取引所以外の取引所に関しては、ネムの取引は可能となっています。
ネムそのものには何の問題もなく、セキュリティもしっかりしています。
ただセキュリティがしっかりしているからとは言え、完全に安心することはできません。
取引所は常に、ハッカー達に狙われているのです。
取引所に何もかも頼るのではなく、自身でもしっかり管理するように心がけましょう。